信じてあげたい、信じられない……妄想か現実か、強迫性障害の父の言い分

強迫性障害

こんにちは!みっぽんぽんです。

マイナビウーマン子育てさんで連載しているエッセイ漫画
『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』の最終話
本日公開されました。
記事内でも触れた、強迫性障害の父。

父についての記事3話目となります。

★1話
★2話

おかしなことを突然言い出した父。
到底信じられるような内容ではないのですが……。

どうして一般人が尾行や盗撮をされるんだ?そんなわけないだろう……そう思っていはいても。
『自分の家族が嘘をつくと思えない』と心のどこかで感じている。
そして、わたしが信じてあげなかったら誰が父の味方になれるのか?という心配も。

もし、自分の立場に当てはめてみて……尾行や盗撮の被害にあって悩んでいる時に家族に軽くあしらわれたら?
そんなわけない!と信じてもらえなかったら?

信じられない・信じたい・信じなきゃいけない・信じられない……ぐるぐると頭の中が混乱していました。

困ったわたしが頼った先は……。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました